リモートおはなしNana

(おはなし結芦花ホーム担当)


新型コロナウィルスの感染予防のため、高齢者施設への立ち入りができず、双方向で楽しめるZoomを使ったリモートおはなし会を、特別養護老人ホーム芦花ホームで、2020年8月から始めました。対面とは違う、Zoomおはなし会のノウハウを蓄積して、今は「リモートおはなし会のパイオニア」を自負しています。

テレビ画面を挟んでいても、言葉を交わしたり、手をふりあったり……。

想像以上の一体感で盛り上がります。リモートを使った楽しさ、良さ、難しさを経験しながら、新しい時代のおはなし会を行っています。

芦花ホームリモートおはなし会 活動記録


<3月おはなし会>

★2022年3月28日(月) 14:5015:20

★場所 : 芦花ホーム レストラン

★担当者 担当者 名 芦花ホーム入所者 

★プログラム

 

1. 挨拶  入所者さんのお名前を呼んで、一人ずつご挨拶

2. 指体操 「もしもしかめよ」

3. 歌   「高原列車は行く」「あんたがたどこさ」(歌詞の「さ」の部分で手を打った)  

      「花」

4.絵本  「ありがとう」

5.歌   「仰げば尊し」

6 絵本  「東京さんぽ絵本」

7.歌   「東京音頭」

 

◆所感

・今回からGoogle Meet を使いました。こちらの画面では、絵本などが白く写って見にくかった

 のですが、入居者さんの側ではよく見えたそうです。

・「あんたがたどこさ」は、身体遊びとして「さ」の部分を、手で打ってもらいました。

 歌と動きを、一緒に楽しんでくださったそうです。

・これらのように、利用者さんの様子を、すぐにスタッフから聞けるのが、現地でおはなし会を行

 うメリットでした。

・「仰げば尊し」を歌ったときは、目頭を押さえている、うつむいている、目が遠くを見ているな

 どの利用者さんの様子が、画面ごしに見えて、過去を思い出すお手伝いができたかなと、思いま

 した。

・今回から、芦花ホームのレストランにて、ホームのネットワークにつながっているパソコン 

 を使い、Google Meet でリモートおはなし会を行いました。

 芦花ホームに、外部の人が入れるスペースができた事、私たちがリモートおはなし会を、コロナ 

 第一波から行い続けて、他のボランテアさんがホームに入れない時にも、利用者さんたちへ楽し

 みを届け続けた事が、今回、施設の一部をお借りできる事につながったようです。

 当初はお金が無く、リモートに適切な会場探しに苦労しました。しかし助成金のお陰で、リモ

 ートに十分な設備がある有料会場を借りることができて、リモートおはなし会をつづけられまし

 た。この継続が、次のステップにつながれると希望を持ちました。


<2月おはなし会>

★2022年2月25日(金) 14:5015:20

★場所 : ななつのこと小林自宅

★担当者 担当者 名 芦花ホーム入所者 

★プログラム

1.挨拶 入所者さんのお名前を呼んで、一人ずつご挨拶

2.指体操 「もしもしかめよ」

3.歌   「旅笠道中」「湯島の白梅」

4.絵本  「ありがとう」

5.絵本  「東京さんぽ絵本」

6.歌   「東京音頭」「仰げば尊し」

 

◆所感

・小林さんが、自宅のPCでホストを務め、「ななつのこ」会場にいる柴田さんと渡辺さんをつないで行いました。宮下さんは自宅で見学しました。

・プログラムは内容も春らしく、まとまりがあってよかったです。

・歌を一緒に歌ってくれたり、絵本が卒業式をテーマにしたものだったので、思い出を語ってくれたり、「仰げば尊し」で涙を見せてくれたり、反応もよかったです。

・「東京さんぽ絵本」は、上野、銀座、隅田川の部分の抜粋でしたが、花火の絵が画面で見ると絵本以上にきれいでZoomならではと思いました。

・課題は、リモートの発信場所が2ケ所に分かれて行った為、時間調整など、意志の疎通が難しかったことです。

 前回は、順番をきちんと決め時間なども測って行ったので、問題はなかったのですが、今回は「ななつのこ」での最初の接続がうまく行かなかったため、時間が押して焦りました。このような時のために、今後は、各演目の時間を測ってタイムスケジュールをきちんとしておくこと、チャット機能かラインのグループ通話を使って連絡を取り合うことなどを確認しました。タイムキーパーを決めておいてもいいと思います。 



<1月おはなし会>

: 2022年128日(金) 14:45~15:15

所  :各自宅から

数  :担当者 4名 芦花ホーム入所者 6

プログラム

1.  挨拶  入所者さんのお名前を呼んで、一人ずつご挨拶挨拶 
2. 指の体操 もしもしかめよ
3. 絵本 「いも じゃがいも・さつまいも」

4. ミニ指体操 「おにはそと ふくはうち」

5. 詩 「みちしるべ」

6. 歌 ①小樽の女(ひと)よ ②ソーラン渡り鳥 ③雪の降る町を

7.絵本  「東京さんぽ絵本」

8.終わり  東京音頭

 

◆所感

・コロナ感染予防のため、有線LAN使用のメンバーがホストになり、各自宅と芦花ホームをつないで行いました。

・「いも」の絵本は、植え方、収穫の様子などに、「そうそう」と頷いてくれる方々がいました。育てた時の事を思いだしながら、聞いてくださったようです。

・歌は「小樽の女よ」に「懐かしい」の声も。

・東京音頭の前に「東京さんぽ絵本」で上野、銀座、隅田川の風景を紹介しました。銀座の風景に「懐かしい」の声や、上野の絵の桜をアップで映すと「あら桜ねぇ」の声が出て、東京の風景を楽しんでくださったようです。

 ・東京音頭は全員で歌ったのですが、音がずれて聞き苦しくなってしまいました。反省です。


<12月おはなし会>

開催日: 12月17日 15:15〜15:30

所  :コミュニティカフェ ななつのこ

担当者  :4名 芦花ホーム入所者 5

プログラム

1. 挨拶 
2. 歌  ①ホワイトクリスマス ②北の宿から ③お正月

3.おわり 「東京音頭」

   

所感◆

・芦花ホームの電波に不具合があり、リモートでおはなし会ができませんでした。

・そこで録画で後日、届けました。

・今年最後のおはなし会なので、担当者たちはサンタの衣装や帽子を身につけて、ホワイトクリスマスまではクリスマスムードで、最後はお正月で締めました。


<11月おはなし会>

開催日: 1126日(金) 14:50~15:15

所  :コミュニティカフェ ななつのこ

数  :担当者 4名 芦花ホーム入所者 5

プログラム

1. 挨拶 入所者さんのお名前を呼んで、一人ずつご挨拶
2. 指の体操 もしもしかめよのメロディで
3. 手遊び 「やきいも ぐーちーぱー」Withお芋の絵
4. クイズ 「名セリフを言ったのは誰?」
5. 紙芝居 「金色夜叉」
6. 歌 金色夜叉 たきび唄 赤城の子守歌
7. おわり「東京音頭」


所感
・人数も5人と少なかったのですが、認知との関係か、反応を示す人より、示さない人の方が多いようでした。
・紙芝居は長いので、名場面を中心に読みました。
・クイズから紙芝居、歌と「金色夜叉」でつなげました。
・歌は童謡や流行歌が喜ばれるようです。今回も、楽しそうに歌ってくださいました。 


<10月おはなし会>

★開催日: 10月22日(金) 14:50~15:20

★場 所  :コミュニティカフェ ななつのこ

★人 数  :担当者 4名 芦花ホーム入所者 11名 (9月とは別の方々)

★プログラム

1.挨拶       入所者さんのお名前を呼んで、一人ずつご挨拶
2.指体操     もしもしカメよのメロディで
. 俳句クイズ 「ここに入る言葉は何?」
. 指の体操  「いわしのひらき」
. 歌      ①童謡「里の秋」 ②「古城」三橋美智也 ③「ちゃんちきおけさ」三波春夫
おわり     「東京音頭」

 

所感◆

・入所者さんは「歌を喜ぶ」との施設側の意見を受けて、歌を中心にプログラムを組みました。後日、今まで以上に盛り上がったと、芦花ホームの方からお話がありました。
・「いわしのひらき」は、前回は手の返しが少しやりにくそうだったので、高齢の方の意見を聞いて、改良しました。今回は、みなさんが手を動かして、楽しんでくださったようです。
・途中、芦花ホームがZoomの接続を切ってしまうアクシデントがあり、時間が足りなくなったため、予定していた「かきやまぶし」の絵本は省略しました。

 

施設内風景

合唱


<9月おはなし会>

 

開催日: 924日 14:5015:20
所  :コミュニティカフェ ななつのこ
数  :担当者 4名 芦花ホーム入所者 10
プログラム
1.挨拶    入所者さんのお名前を呼んで、一人ずつご挨拶
2.指体操   もしもしカメよのメロディで
3.俳句クイズ 「ここに入る言葉は何?」
4.指の体操  「いわしのひらき」
5.歌      ①童謡「里の秋」 ②「リンゴ村から」三橋美智也
6.狂言えほん 「かきやまぶし」
7.おわり     「東京音頭」

所感◆
・俳句クイズ は、職員の方が句を繰り返して言ったり、入所者さんに声を掛けたりで、テンポよくできました。入所者のみなさんの反応がよく、笑い声も上がっていました。職員の方たちの協力があると、盛り上がると実感しました。
・「いわしのひらき」は、手の返しが少し難しかったようです。動きをもっと大きくした方が、入所者さんは見やすく、動きやすいようでした。今後は別バージョンでやってみたいと思います。
・「里の秋」は最初に斉唱した後、メンバーたちで合唱しました。歌に厚みが出て、とてもよかったです。
・「かきやまぶし」は、山伏のセリフを狂言調で読みました。カラスが鳴く場面では、入所者さんが鳴き声を出してくださって、読み手の先を行っていました。 


<8月おはなし会>

★開催日: 8月27日 14:50〜15:20

★場 所  : コミュニティカフェ ななつのこ

★人 数  :担当者 4名 芦花ホーム入所者 9名(7月とは別の方々)

★プログラム

1.挨拶    入所者さんのお名前を呼んで、一人ずつご挨拶

2.指体操   もしもしカメよのメロディで

3.絵本    あさがおさいた

4.クイズ   この歌の職業は?

5.紙芝居   みぃちゃんの夏

6.東京音頭を全員で合唱

 

所感
・ご挨拶で入所者の方の名前を呼ぶと、手を高く上げて返事をする方が多かったです。また、柴田さんの歌の演目中で「先生~」と、演者へ話しかけた方がいました。画面がテレビ放送ではなく、双方向のLIVE映像だという認識が、入所者さんにできた事がうれしかったです。
・「歌クイズ」職業当ては、答えを3択にしたら、正解がたくさん出ました。男性たちがクイズに出た歌を、大きな声で歌っていました。特にバスガールが盛り上がりました。 懐かしい歌だったせいか、歌ったり、手拍子を打つ方もいました。
・今回は、紙芝居「みぃちゃんの夏」も、歌をたくさん歌いました。

 

 


<7月おはなし会>

★開催日: 6月25日 14:50〜15:20

★場 所  : コミュニティカフェ ななつのこ

★人 数  :担当者 3名 芦花ホーム入所者 7名(6月とは別の方々)

★プログラム

1.挨拶    入所者さんのお名前を呼んで、一人ずつご挨拶

2.指体操   もしもしカメよのメロディで

3.絵本    あさがおさいた

4.クイズ   この歌は…どこの川・湖・海?

5.紙芝居   みぃちゃんの夏

6.目の散歩  ドローン映像で見る花火鑑賞

7.東京音頭を全員で合唱

 

★所感

・絵本「あさがおさいた」では、あさがおの花が徐々に大きくなっていく様子が、本では小さいがZoomはアップで映せるので、入所者の方たちは、よく見えてよかったそうだ。また紙芝居も、大きく見えた。Zoomの特性をうまく生かした、新しいおはなし会のスタイルができてきた。

・歌クイズは、明らかなヒントがないと答えを出すのが難しかった。3択で正解に挙手してもらう程度がいいかもしれない。

・美声のボランティアの歌声に、拍手が沸いた。

・花火の動画は、手を叩いて喜んだ方がいた。芦花側の画面が固まる事があった。重かったのかもしれない。今後、動画を選ぶときは軽いものにしたい。

 


「花 だ よ り」掲 載

令和3年7月号

芦花ホーム広報委員会発行


芦花ホームの広報紙に、リモートおはなし会の様子が紹介されました。

<6月おはなし会>

★開催日: 6月25日 14:50〜15:20

★場 所  : コミュニティカフェ ななつのこ

★人 数  :担当者 5名 芦花ホーム入所者 7名(5月とは別の方々)

★プログラム

1.挨拶 入所者さんのお名前を呼んで、一人ずつご挨拶

2.指体操 もしもしカメよのメロディで

3.絵本 おどろきいっぱい!トマト

4.クイズ この歌を歌った人はだれ?

5.紙芝居 みぃちゃんの夏

6.東京音頭を全員で合唱

★所感

・紙芝居「みぃちゃんの夏」は、今の季節に合った前半部分だけを、利用者さんのテンポに合わせてゆっくり演じました。みなさん物語の世界に入り込んで、楽しんでくださいました。

・歌を聞いて、それを歌った歌手名を当てるクイズをしました。利用者さんたちは、「愛染かつら」の主題歌を聞くと、映画を見に行った話で盛り上がりました。また「瀬戸の花嫁」は、途中から大合唱になり、歌い終わると自分たちで拍手していました。歌を選ぶ時に、古い歌を選びがちですが、新しい歌でも盛り上がるので、これからも積極的に入れていきたいです

 ・後日、芦花ホームの職員さんから、「『お陰で笑顔とパワーをもらった』と、言った利用者さんがいました」と、うれしいメールを頂きました。


<5月おはなし会>

★開催日: 5月28日 14:50〜15:20

★場 所  : コミュニティカフェ ななつのこ

★人 数  :担当者 3名 芦花ホーム入所者 9名

★プログラム

1.挨拶 入所者さんのお名前を呼んで、一人ずつご挨拶

2.指体操 もしもしカメよのメロディで

3.絵本 おどろきいっぱい!トマト

4.クイズ この歌を歌った人はだれ?

5.紙芝居 こんやのおかず

6.東京音頭を全員で合唱

★所感

絵本はアップにできるので、小型の本でも見やすく、リモートに適していました。

・マイクなしのZOOMのため、歌が入居者の方とずれてしまいました。

・入所者のみなさんは、指の体操、紙芝居などを楽しんでいました。瀬戸の花嫁を大きな声で歌ったり、東京音頭は、こちらがリードする前に、入所者だけで盛り上がって歌っていました。

楽しい時間をすごしました。


<4月おはなし会>

  おはなし会実施者の新型コロナ感染予防のため、中止しました。